紅花のシーズンでにぎわっていた高瀬地区に古くからあるお寺です。参道はまっすぐに伸びた木々に囲まれ、様々な表情の石像が並んでいます。

風立寺は西暦856年に天台宗の座主、慈覚大師によって開かれたお寺です。慈覚大師は山寺を開いた方として有名ですが、開山するときにお泊りになったお寺なのだそうです。

地元では、ころりさまの名称で親しまれています。