七日町通りのつきあたりにある山形のシンボルともいえる建築物。山形県郷土館「文翔館」は、現在では札幌の時計台に次いで日本で2番目に古い時計台です。

とはいえ、建物がおおきくて時計台がだいぶ高い位置にあるので、時間を見る人が少ないのが残念なところ。。でも現在でもきちんと人によってメンテナンスされていることを知ってからは、近くに立ち寄ったときは時計台を目を凝らしてみて、時間を見るようになりました。

よく調べてみると、文翔館はいちど大火によって消失してしまっていたのですね。明治時代のことだそうです。大正5年に再建されたのが現在の姿の文翔館です。祖父母が県庁マンだったので、そこに通っていたことを幼いころに聞かされていました。

さて、今回ご紹介する360°パノラマ写真は、文翔館に入ってすぐ正面にみえる大きな階段、中央階段です。文翔館の内の顔ともいえるところです。大理石の柱やとても凝ったつくりの階段の手すりの装飾など、見どころはたくさんあります。外国のような雰囲気を醸し出しています。

文翔館は見どころがおおく、今後も360°パノラマ写真で紹介していきますが、ぜひ実際に中に入って見ていただきたいです!